エコ炊飯

コロナ禍につき、自炊ネタ。と言うわけでもないが。時間はあるので。

エコ炊飯と聞くと、なんか良さそうな気がする。
この時代、エコは、良いことだから。

しかし、この炊飯器、エコ炊飯だと、美味しく炊けない。
最初のうちは、水の量を間違えたのか?なんて思ってみたりした。
エコ炊飯の隣にある「銀シャリ」は、とてもいい。美味しい。

水の量に注意してもダメだった。
メーカーのHPで、よくあるご質問を見て謎が解けた。
正しく理解することは大切である。

IMG_20200715_094958.jpg

基本的には、「銀シャリ」コースで炊くのが正解。時間、圧力十分かけて炊いているから。
エコ炊飯は、時間をケチっているので、米の芯が残るので、どうにもうまくない。
そんな炊き加減誰が好むのだろう?そうまでしてエコにこだわるのか?

さて、ここで写真をよく見ると、左下に「早炊き」コースがある。
これもまた、よくあるご質問で調べて見た。
時間短縮するが、その分、火力(電力?)が強いとのこと。
時間は銀シャリコース(56分)の半分くらいで済むので、結果、電気代は安いらしい。

なんだ、早炊きコースが、エコで美味しくて良いじゃないか。
但し書きがあり、

お米の種類によっては、早炊きでは、少し硬くなるものがあります。

奥が深い?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント