国外免許(国際運転免許証)申請

今日、早退して、帰り道の新宿で、免許センターに寄って、国外免許を取得しようと思っていたが、営業時間(笑)が16時半までと、短いので、納得いかない。
朝は、8時半からだ。
それなら、出社してから始業(9時)までの間に行けるのでは?と思い、調べ直してみたら、会社から一番近いのは、「警視庁神田運転免許更新センター」だった。
8時前に会社を出て、行ってきました~。
8時半前に着くと、「免許更新」の人が10人ほど。

まず、手順を聞いてみた。
必要なものは、

日本の免許証、 パスポート、 国外運転免許証用写真1枚(縦5センチ、横4センチ)

順序は、

(写真撮る)→受付→手数料支払→国外免許受付→発行

まず、写真をセルフの機械で撮影する。800円。
次に、受付で、「国外免許」と言うと、免許証の他に、パスポートと写真を出す。
免許のコピーが入った申請用の書類をくれるので、必要事項を記入し、手数料支払へ。
2400円も支払ったのに、無愛想な対応を受け、国外免許の受付へ。

この間、10分ほど。
さらに、2分後、呼ばれたので、行ってみると、もたもたしてる。
どうやら、最後の印刷で、プリンタが不調になったようで、5分ほど待たされて、終了。
画像
サインは、私のじゃないよ(笑)
大昔から変わらない「紙」の免許証だ


800円のセルフ写真を見て、驚いた!
画像
二色になって、クッキリ!
白髪と黒髪と。
染めてませんが。


本栖湖で見かけたら、笑ってね(笑)。

国外免許は、一年間有効なので、オーストラリアに行くときも使えるね。
もしかしたら、ヨーロッパ旅行も一年以内なら。
ツアーだったら、自分で運転はしないか。
更新センターでもらったパンフに「国際運転免許証で運転できる国の一覧」が載っているのだけど、
「ドイツ」がない。
別途免許取得が必要なのかな?
スイスも一覧にない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック